製品基本情報
  • イーライリリー株式会社
  • 鳥居薬品株式会社
イーライリリー株式会社
鳥居薬品株式会社
メニューメニュー:閉じる

乾癬とはどんな病気? 症状と病気の種類について

乾癬とはどんな病気なの?

肌が赤く盛り上がったり、ポロポロとはがれ落ちたりします乾癬の主な症状として、皮膚が赤くなる「紅斑(こうはん)」、皮膚が盛り上がる「浸潤(しんじゅん)」、細かいカサブタのようなものができる「鱗屑(りんせつ)」、皮膚がポロポロとはがれ落ちる「落屑(らくせつ)」などがあります。 多くの場合、かゆみを伴います。
また、皮膚の症状だけでなく、関節の痛みや変形を伴う場合( 関節症性乾癬 > )もあります。

乾癬になるとどんな症状が出るの?

乾癬は皮膚だけの病気ではありません
関節の痛みや変形を伴うこともあります
乾癬には、症状によって「尋常性乾癬」、「関節症性乾癬」などの種類があります。

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

尋常性とは“最も普通の”という意味です。「尋常性乾癬」は、乾癬の種類の中で最も多く、乾癬患者さんの約90%がこのタイプです。

主な症状は、皮膚が赤くなる「紅斑(こうはん)」、皮膚が盛り上がる「浸潤(しんじゅん)」、細かいカサブタのようなものができる「鱗屑(りんせつ)」、皮膚がポロポロとはがれ落ちる「落屑(らくせつ)」などがあります。

関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)

尋常性乾癬にみられる皮膚症状に加え、関節の痛みや変形を伴います。
乾癬の患者さんで関節の痛みがある場合、とくに、指の関節に乾癬の症状がある場合、関節症性乾癬の可能性が高いといわれています。

関節症性乾癬の多くは、皮膚症状が出た後に関節症状が出てくるため、乾癬の患者さんは、いま関節に症状がなくても、定期的に医師の診断を受けることが大切です。近年、関節症性乾癬と診断される患者さんがすこしずつ増えており、最大で乾癬全体の14%*を占めるというデータも公表されています。
*Ohara Y.et al.:J Rheumatol. 42(8),1439-1442,(2015)

  • その他の乾癬の種類として、「乾癬性紅皮症」(かんせんせいこうひしょう)、「汎発性膿疱性乾癬」(はんぱつせいのうほうせいかんせん)、「滴状乾癬」(てきじょうかんせん)などがあります。

    *なお、上記の乾癬のうち、滴状乾癬(てきじょうかんせん)につきましてはトルツの適応症には含まれておりません(2017年5月現在)。

トルツお問い合わせ窓口
病院検索
トルツお問い合わせ窓口
病院検索